ゴールドコーストのワーキングホリデー,語学学校なら無料エージェントのOGCオーストラリア留学サポートデスクにおまかせください。

ゴールドコースト語学学校ワーキングホリデー

オレンジ・ゴールドコースト ワーキングホリデー
 ゴールドコーストのワーキングホリデー,語学学校ならOGCオーストラリア留学サポートデスクへ。ゴールドコーストを中心にオースト
 ラリア全土の語学学校・TAFE・専門学校・大学の入学手続きを無料で行っています。
完全マンツーマン現地サポートだから安心です。
ゴールドコースト ワーキングホリデー 語学学校 ゴールドコースト ワーキングホリデー 語学学校 ゴールドコースト ワーキングホリデー 語学学校

 

ワーキングホリデー ゴールドコースト 語学学校
 
 オーストラリア 留学・ワーキングホリデー中の住まい
オーストラリアでの滞在方法は3つ、ホームステイ・シェアハウス・自分で借りるです。
    ゴールドコースト ワーキングホリデー 語学留学

ホームステイ滞在
ワーキングホリデーの最初の滞在方法として、一番多いのはホームステイです。ホームステイは、オーストラリアの英語に慣れ、オーストラリアの習慣や文化の違いを理解できるので、海外生活に慣れるまでの滞在方法として最適な滞在方法です。現地生活に慣れるまでは、やはりホームステイがおすすめです。

・日常生活の中で自然と生きた英語が身につく
・オーストラリアの生活様式や習慣、考え方を学ぶことができる
・食事を提供されるので、自炊しなくていい
・到着した日から快適な生活ができる
・基本的に一人部屋を与えられるため、プライバシーが守られる
・いざという時、ホストファミリーが助けになる
   
・生活習慣をホストファミリーにあわせる必要がある。(食事、帰宅時間など)
・ホストファミリーに気を使う
・食事が口に合わない

・学校へのアクセスを考慮されているとはいえ、ホームステイ先が学校から遠い場合、
 通学が不便

    ゴールドコースト ワーキングホリデー 語学留学

シェアハウス滞在
フラット(アパート)や一軒家で共同生活をすることを<シェア>といいます。オーナーが居て、オーナーに家賃を払う形になります。家賃は週払い、月払い、家賃に光熱費が含まれるなど、シェア先によって異なります。生活費を抑えたいなら断然シェアがお得です!!

・ホームステイや自分で借りるより、滞在費を安く抑えられる
・いろいろな人と知り合いになることができる
・寂しくない
・防犯の面で安心できる
・違う国の人とシェアすれば英語を上達させることができる
・面倒な手続きが不要
・引っ越したいと思ったらすぐに引っ越すことができる(オーナーに退去時のルール要確認)
   
・キッチン、リビングまたはバス・トイレが共同
・シェアメイトとの相性で生活の快適さが決まる
・シェアメイトに気を使う
・違う国の人とシェアすると習慣や考え方の違いからトラブルが起こりやすい
・部屋に鍵が付いていないことが多いので、盗難にあうこともある


シェアハウスを選ぶときのポイント
シェアメイト、部屋、家具、共同スペース、生活のルール、家賃、ボンド(保証金)、光熱費、インターネット、電話代、出るときのルールなどは入居前に必ず確認しましょう。

特にお金関係はトラブルの元になりやすいので、家賃やボンドを支払った際には必ず領収書(メモ書き+オーナーの署名でも構いません。)をもらいましょう。

生活のルールに関しても入居前か入居時に確認しましょう。共有スペースのキッチンやトイレ掃除は誰がやるのか。共同スペースの洗剤やトイレットペーパーなどは誰が買うのか、シェアメイトの友達がいつもリビングに居る。シェアメイトが頻繁にパーティーをやってうるさい、などなど。細かいルールがあった方が後々のトラブルを回避できるでしょう。

入居後に何かあった場合は、その都度話し合って解決しましょう。黙っていてストレスを溜めてしまうより、ハッキリと自分の考えを伝えましょう。

さらに生活費を安くする方法は<ルームシェア>です。文字通り1部屋を2人で使う方法です。一人部屋よりも当然家賃が安いので生活費がさらに抑えられます。しかし、ルームシェアはシェアと違って人との係わり合いがより深くなるため、友達同士でルームシェアする場合は問題ないと思いますが、まったくの他人同士がルームシェアをする場合は相性や生活のリズムの違いなどでトラブルが起こる場合があります。

もっと詳しく「シェアを探す、アパートを借りる」は こちら から

ページのTOPへ

    ゴールドコースト ワーキングホリデー 語学留学

自分でアパートを借りる
日本のひとり暮らしと同様に、不動産と賃貸契約を結び、フラット(アパート)を借りる方法。

最小契約期間は通常6ヶ月で、契約時にボンドと呼ばれる保証金を2〜4週間分支払います。ボンドは退去時に破損等がなければ戻ってきます。

家賃は前払いで、週単位・2週単位・1ヶ月単位などがあります。

賃貸アパートまたは一軒家には家具付き物件と家具なし物件があり、家具付き物件の方が割高です。

電気、ガス、電話、インターネット等は自分で手続きをしなければいけません。

・人に気兼ねなく生活できる
・好きな場所に住める
・気軽に友達を家に呼ぶことができる
   
・シェアやホームステイに比べて生活費が掛かる
・不動産、電気、電話等の手続きを自分でしなければならない(英語力が必要)
・家具なしの物件の場合には、家具・電化製品をすべてそろえなければいけない
・短期間(最低6ヶ月)で借りることができない

 

ページのTOPへ

    ゴールドコースト ワーキングホリデー 語学留学

メール相談・費用見積り   オーストラリア 無料学校お申込み

 

 

 
なぜ手配料無料なの?
OGCを使う8つのメリット
サポートについて
オプショナル料金表
語学留学 
ワーキングホリデー
ゴールドコースト語学学校
留学準備ガイド
ゴールドコーストについて
お役立ちサイトリンク
入学手続きの流れ
無料お見積もり
お問い合わせ
ご利用規約
お申し込み
OGCについて

記載内容は各校からの情報をもとに掲載しておりますが、情報内容に関して弊社では一切の責任を負うものではありません。内容や料金は予告なく変更される場合がありますので、お申し込みの前に弊社まで随時ご確認ください。

ゴールドコースト
オーストラリア
留学
語学学校
ワーキングホリデー
無料エージェント


 
| なぜ手配料無料なの?| OGCを使う8つのメリット | OGCのサポートについて | オプショナル料金表 | 語学留学 | ワーキングホリデー | ゴールドコースト語学学校リスト |
| 留
学準備ガイド |ゴールドコーストについて | お役立ちサイトリンク | 入学手続きの流れ |無料お見積もり | お問い合わせ | ご利用規約 | お申し込み | OGCについて |
| 留学前にこれ知っとこ!
| skypeカウンセリング | ワーホリサポート |
ゴールドコースト,オーストラリア,留学,ワーキングホリデー,語学学校,TAFE,専門学校,大学・大学院,永住権
オーストラリア留学・ワーキングホリデー・TAFE・専門学校・大学の入学手続き完全無料!!
Copyright (C) 2007 OGCオーストラリア留学サポートデスク All Rights Reserved.