ゴールドコーストのワーキングホリデー,語学学校なら無料エージェントのOGCオーストラリア留学サポートデスクにおまかせください。

ゴールドコースト語学学校ワーキングホリデー

オレンジ・ゴールドコースト ワーキングホリデー
 ゴールドコーストのワーキングホリデー,語学学校ならOGCオーストラリア留学サポートデスクへ。ゴールドコーストを中心にオースト
 ラリア全土の語学学校・TAFE・専門学校・大学の入学手続きを無料で行っています。
完全マンツーマン現地サポートだから安心です。
ゴールドコースト ワーキングホリデー 語学学校 ゴールドコースト ワーキングホリデー 語学学校 ゴールドコースト ワーキングホリデー 語学学校

 

ワーキングホリデー ゴールドコースト 語学学校
 
オーストラリア留学・ワーキングホリデー完璧準備ガイド
留学やワーキングホリデーに行くって決めたのはいいけど、「一体いつ、何からはじめたらいいのかわからない。」っていう人、結構多いんですよね。そんなみなさんのために、オーストラリア出発までのスケジュールをまとめました。
    ゴールドコースト ワーキングホリデー 語学留学
 出発1年〜半年前
  → 現地情報収集
  → 英語の勉強
 
 出発半年〜3ヶ月前
  ビザ申請          >> オーストラリア大使館 ビザ査証課
  パスポート申請       >> 外務省 パスポート申請から受領まで
  → 学校・ホームステイ等の手配    >> OGCオンライン申込み
 
 出発3ヶ月〜1ヶ月前
  航空券手配            >> 海外格安航空券 
  クレジットカード ※会社を退職する前に必ず作っておきましょう。
  歯の治療 ※海外旅行保険適用外なので出発前に1度は歯医者に行っておきましょう。
 
 出発1ヶ月〜2週間前  
  海外旅行保険加入        >> 海外旅行保険比較
    役所関係手続き         >> 国外転出届・住民税支払い
  国際学生証           >> 国際学生証申込み
  YHA会員カード         >> YHA会員カード申込み
  持ち物準備           >> 持ち物リスト

 

 

パスポートの申請・更新

何はともあれ、パスポートがなければ始まりません。
パスポートを持っていない人は各都道府県の申請窓口で申請してください。なお、申請から受領まで通常1週間ほど(土・日・祝祭日を除く)掛かります。また残存期間が1年未満の場合はパスポートの更新を忘れずに行ってください。

 

オーストラリア ビザ申請

滞在目的に合ったビザを申請しましょう。特に学生ビザの人はビザ取得までに時間が掛かりますので、余裕を持って準備をしましょう。詳しいビザ情報に関してはオーストラリア大使館・ビザ査証課のウェブサイトで確認してください。

オーストラリア大使館・ビザ査証課 → http://www.australia.or.jp/visa/

 

格安航空券

長期滞在の方には1年オープンか片道航空券の2種類の航空券のタイプがあります。
 →1年オープン: 1年以内に帰国予定(帰国日は自由に変更できます)
 →片道航空券: 1年以上の滞在。帰国時に他の国に寄って日本に帰国する可能性がある。

※片道航空券の場合は、十分な滞在予算があるか入国審査時に審査官から質問される場
 合があります。

※海外渡航経験の少ない方は直行便を利用するほうがいいでしょう。

<格安航空券販売サイト>
・トラベルコちゃん
・H.I.S.
・Travel.co.jp
・エイビーロード
・アルキカタ・ドット・コム

 

クレジットカード

退職する前にクレジットカードを必ず作っておいてください!!
退職後の失業状態では支払い能力が欠けていると判断されやすく、審査に通るのが難しくなりますので在職中にクレジットカードの申込みをしましょう。また、クレジットカードは申込んだ後、信販会社による審査があります。一般的にクレジットカードの審査は、本当に本人がその会社で働いているかを確認するため、本人確認の電話が1〜2週間で職場に掛かってきます。もし、退職1、2週間前くらいに慌ててクレジットカードを申し込んだ場合、退職後に本人確認の電話が職場に来てしまう可能性がありますので、クレジットカードを作る場合には早めの申込みをする事が必要です。

※年会費無料のクレジットカードや女性限定や学生限定のクレジットカード、ポイント
 やマイルが貯まるクレジットカードもありますので、目的に応じてお得なクレジット
 カードを選びましょう。

 

国際キャッシュカード

国際キャッシュカード(インターナショナルキャッシュカード)は海外のATMで、日本の銀行口座から現地通貨で引き出しができ大変便利なカードです。

国際キャッシュカード比較 → http://www.sutaa.net/archives/0007/index.php

 

歯の治療

オーストラリアの虫歯の治療は大変高額です。基本的に海外旅行保険で治療費をカバーすることができません。オーストラリア出発前(出発の3,4ヶ月前)に必ず検診・治療を受けましょう。日本では何ともなかった歯が、オーストラリアに来ていきなり痛みだす。という人も結構います。ちなみに私の経験では、虫歯の治療が1回$180でした。

 

海外旅行保険加入

普段健康でも慣れない海外生活のなかで体調を崩す人は少なくありません。またスポーツや旅行中にケガをすることがあるかもしれません。海外旅行保険に加入していない場合の医療費はとても高く、オーストラリアでは救急車も有料です。いざという時のために海外旅行保険は必ず加入しましょう。携帯電話・財布・デジカメ・iPodなどを紛失・破損・水没などする人も多いので「携行品」もカバーされる海外旅行保険に加入しておきましょう。

海外旅行保険比較 → http://www.hokende.com/mrt550.asp?newgenreid=9

 

役所関係手続き

●国外転出届
海外に1年以上滞在する場合は、現在住んでいる市町村役所に【国外転出届(住民異動届)】を提出しなければいけません。但し、注意しなければならないのは、国外転出届を提出すると住民基本台帳および選挙人名簿から氏名が抹消されますので、住民票や印鑑証明など個人を特定するための重要書類が発行されなくなります。自動車の譲渡・売却等をする方は手続きを終えてから届出をしたほうが良いでしょう。

国外転出届の受付は転出の2週間前からです。その際は免許証やパスポート、健康保険証など本人確認ができるものを持参しましょう。

●住民税
市民税は1月1日に居住している住所の役所に対して前年度収入に応じた税金を払いますので、1月1日以前に海外転出届を出した場合は前年度収入に課税される市民税の支払いは免除されます。もちろん海外滞在期間の市民税の支払い義務はありません。

●国民健康保険
国外転出届を提出した時点で保険証は返納する必要があり、国民健康保険は自動的に解約されます。なお、年度の途中で渡航する場合、転出日の前日までの保険料が請求されます。また年初に年間保険料を全納している場合、転出する前月までの保険料を差し引いた額が返金されますので親族に代理受領してもらうか、口座を指定して振込を依頼します。

●国民年金
国外転出届を提出した時点で国民年金は自動的に解約されますが、所定の手続きを行えば、継続(任意加入)することも可能です。

 

国際学生証申込み

国際学生証ISICカード。International Student Identity Cardの略で、WYSETC(世界青年学生教育旅行連盟)が発行する世界的に共通の国際学生証です。史跡、博物館、美術館などの施設だけではなく、宿泊費・長距離バス・テーマパークの入場券・航空券・オプショナルツアー・飲食店などのディスカウントが受けられます。パスポート代わりの身分証明書にもなるので、学生の方は持っておきましょう。

国際学生申込み → http://isic.univcoop.or.jp/index.html

 

YHA会員カード申込み

世界中のユースホステルを会員価格で宿泊できるお得なカード。オーストラリア国内の旅行計画のある人は作っておきましょう。部屋のタイプはドミトリー(相部屋)が中心で、他にツインルーム・シングルルームがあります。1泊\2,000くらいから宿泊可能なので、普通のホテルに泊まるより宿泊費を安く押さえられます。

YHA会員証申込み → http://www.yha.com.au/ja/membership/

 

持ち物リスト    ゴールドコースト ワーキングホリデー 語学留学

パスポート  有効期限の確認をしましょう。コピーも2部とっておきましょう。
ビザ  入国審査時に必ず必要です。パスポートと一緒に保管しましょう。
航空券  滞在期間に合わせて航空券のタイプを選びましょう。
海外旅行保険契約証  もし保険に入っていない状態で、オーストラリアで病院に掛かる
 場合には、医療費を全額負担しなければいけません。
 最近、「海外旅行障 害保険付帯のクレジットカードを所持して
 いるので、保険会社などの海外旅行障害保険に加入しないで渡航
 される方がいらっしゃいますが、クレジットカードに付いている
 保険の補償期間は通常3ヶ月です。留学生やワーキングホリデー
 の方は滞在期間が長いため3ヶ月以上はカバーされませんので、
 必ず保険会社の海外旅行傷害保険にご加入ください
入学許可証  入国審査をスムーズに行うためにビザと一緒にしておきましょう。
現金  到着時に1〜2万円ほどのオーストラリアドル 。
 多額の現金は持ち歩かないこと。
トラベラーズチェック  トラベラーズチェックは再発行が可能なので安心。
クレジットカード   インターネットで格安航空券を購入したり、レンタカーを借りたり
  するときに必要になります。VISAかMasterカードが便利。
国際キャッシュカード  海外で日本の銀行口座から現地通貨での引き出しが可能。
日本の運転免許証  オーストラリアにて運転する場合には、日本の運転免許証と国際免
 許証と両方を携帯しておく必要があります。
国際運転免許証  オーストラリアで運転する人は必須です。
国際学生証  世界共通の国際学生証。学生の方は持っているといろいろな割引が
 受けられます。
YHA会員証  絶対必要ではありませんが、特に旅行する人は持っておいたほうが
 よいでしょう。
証明写真  何枚か持参すると良いでしょう。
電子辞書・辞書  語学学校に通う方は必須です。コンパクトなものを選びましょう。
デジタルカメラ  ほとんどの留学生が持っています。メモリーカードに保存してある
 データをCD-ROMに焼いたり、街中にはプリントショップもありま
 すのでプリントも可能です。
変圧器・変換プラグ  オーストラリアの電圧は240V。日本の電化製品はそのまま使用で
 きません。変換プラグはOタイプです。
充電器  日本の携帯電話、iPodなどの充電器を必ず持参しましょう。
音楽プレーヤー  MP3プレーヤーがおすすめ。音楽や英語学習に役立ちます。
常備薬  オーストラリアの薬は日本の薬に比べると少し強いので、頭痛薬、
 風邪薬や胃腸薬などは服用しなれたものを持参しましょう。
コンタクトレンズ
  メガネ
 長期の人は半年分くらいを持参しましょう。インターネットで購入
 することも可能です。
目薬  オーストラリアの目薬は種類も大変に少ないです。コンタクトレン
 ズを装着している人は、日頃使っているものを持参しましょう。
化粧品  敏感肌の方は日本から持参しましょう。クリニークやシャネル、ロ
 クシタンなど、日本でメジャーなブランドのものは手に入ります。
日焼け止め  顔用の日焼け止めは持参したほうがいいでしょう。
ヘアワックス  オーストラリア人と日本人は髪質が違うので、使い慣れたものを持
 参したほうがいいでしょう。
メイク落とし  ミルク、ジェルタイプのメイク落としはありますが、オイルタイプ
 のものはオーストラリアでは手に入りませんので、オイルタイプを
 使っている人は持参しましょう。
洗面用具  旅行用のトラベルセット(ミニシャンプー&コンディショナー、歯
 ブラシ歯磨き粉)を持参しましょう。あとは現地で日本と同じもの
 が購入できます。
つめきり
  耳かき(綿棒)
 日本の製品のほうが質が高いです。
タオル  薄めのバスタオルを1枚持参しましょう。
文房具  ノートの紙質、ペンの書き味、消しゴム、シャーペン…日本の文房
 具は非常に質が高いです。
日常衣類  着まわしの効く最小限の洋服が良いでしょう。
防寒具  朝と夜の気温差があるので、パーカーやジャケットなどを持参しま
 しょう。
スニーカー  1足は持参するとよいでしょう。
水着  ビーチに行くときはもちろん、スキューバーダイビングのライセン
 ス取得講習を受ける方も必要ですので持参してください。オースト
 ラリアの女性用水着はほとんどワイヤーやパッドが入っていません
 ので、水着は日本から持参したほうが良いでしょう。
フォーマルな服装  ツアーガイドの仕事を考えている方は必要です。
日本の履歴書  日系企業の場合は、和文・英文の両方が必要になる場合があります
 ので職歴の詳細・卒業年月などメモしたものを持参しましょう。
折りたたみ傘  オーストラリアにも折りたたみ傘は売っていますが、質は断然日本
 のほうが上です。かさばらないので1本持参しましょう。
日本の携帯電話  家族や友人の連絡先確認。通話にはオーストラリアで契約した携帯
 電話を使いましょう。
日本の友達の連絡先

 日本の家族や友人のメールアドレスや住所などをメモしたもの。

 

現地でも手に入るもの

・コンタクトレンズ洗浄液、保存液
 コンプリート、レニュー、オプティフリーなどの保存液が現地で購入できます。

・虫除けスプレー、かゆみ止め
 オーストラリアの蚊には日本製のかゆみ止め・虫除けスプレーは効きませんので、現
 地のスーパーマーケットや薬局で購入しましょう。海や山はもちろん、芝生のある公
 園なども夕方は蚊がいますので虫除けを忘れずに。

・生理用品
 ウイスパーなど、日本人でおなじみのメーカーの物も(日本より高いですが)手に入り
 ますので、わざわざ日本から大量に持参する必要はありません。

・ビーチサンダル
 ビーチサンダルは一年中売っていますので、荷物になるようでしたら持参しなくても
 大丈夫です。

・日本食
 日本食材店がありますので、ほとんどの日本食は手に入ります(価格は日本の倍)。韓
 国や中国食材店で日本と同じ味の韓国・中国・台湾版の食品が安く手に入りますので
 長期の方は現地調達しましょう。

・サングラス
 オーストラリアはサングラスの種類が豊富にあるので、現地購入をおすすめします。

・帽子
 気に入った帽子があればそれを日本から持参しましょう。もちろんオーストラリアで
 も購入可能です。

 

持って行かなくてもいいもの

・日本の携帯電話 
 日本国内で使用していた携帯電話をそのままオーストラリアで使いという人がいます
 が、日本で契約した携帯電話を海外で使用すると、日本・オーストラリア国内に掛け
 た場合でもオーストラリアで契約した携帯電話よりも通話料金が割高です。また着信
 にもお金が掛かります。

 短期滞在の人以外は現地でレンタルやプリペイド式の携帯電話を使いましょう。フォ
 ンカードを使えば日本への国際電話も驚くほど安く掛けられます。

・ノートパソコン
 街にはインターネットカフェもあり、日本語が読めて打てるところも数多くありま
 す。また、学校に通う人は学校でもインターネットやメールをすることができますの
 で、特別な用途の必要がない限り持参しないほうが良いでしょう。特にオーストラリ
 ア国内のラウンドを計画している人は、バックパッカー宿のドミトリー(相部屋)で盗
 難にあう場合もありますので、持って行かないほうがいいでしょう。

 

日本に残していくもの

・PCメールアドレス、滞在先住所や緊急連絡先のメモ
 日本の家族がいつでも連絡を取れるように連絡先を日本に残しておきましょう。ま
 た、現地で携帯電話を購入またはンタルした際には、日本の家族・友人に連絡先を伝
 えておきましょう。

・航空券の詳細
 利用航空会社・便名・フライト日時 ・利用空港などのメモを家族に渡しておきま
 しょう。

・国際電話の掛け方
 日本からオーストラリアに国際電話を掛ける際の“掛け方手順”をわかりやすくメモし
 たものを家族に渡しておきましょう。

ページのTOPへ

 

メール相談・費用見積り   オーストラリア 無料学校お申込み

 

 
なぜ手配料無料なの?
OGCを使う8つのメリット
サポートについて
オプショナル料金表
語学留学 
ワーキングホリデー
ゴールドコースト語学学校
留学準備ガイド
ゴールドコーストについて
お役立ちサイトリンク
入学手続きの流れ
無料お見積もり
お問い合わせ
ご利用規約
お申し込み
OGCについて

記載内容は各校からの情報をもとに掲載しておりますが、情報内容に関して弊社では一切の責任を負うものではありません。内容や料金は予告なく変更される場合がありますので、お申し込みの前に弊社まで随時ご確認ください。

ゴールドコースト
オーストラリア
留学
語学学校
ワーキングホリデー
無料エージェント


 
| なぜ手配料無料なの?| OGCを使う8つのメリット | OGCのサポートについて | オプショナル料金表 | 語学留学 | ワーキングホリデー | ゴールドコースト語学学校リスト |
| 留
学準備ガイド |ゴールドコーストについて | お役立ちサイトリンク | 入学手続きの流れ |無料お見積もり | お問い合わせ | ご利用規約 | お申し込み | OGCについて |
| 留学前にこれ知っとこ!
| skypeカウンセリング | ワーホリサポート |
ゴールドコースト,オーストラリア,留学,ワーキングホリデー,語学学校,TAFE,専門学校,大学・大学院,永住権
オーストラリア留学・ワーキングホリデー・TAFE・専門学校・大学の入学手続き完全無料!!
Copyright (C) 2007 OGCオーストラリア留学サポートデスク All Rights Reserved.