ゴールドコーストのワーキングホリデー,語学学校なら無料エージェントのOGCオーストラリア留学サポートデスクにおまかせください。

ゴールドコースト語学学校ワーキングホリデー

オレンジ・ゴールドコースト ワーキングホリデー
 ゴールドコーストのワーキングホリデー,語学学校ならOGCオーストラリア留学サポートデスクへ。ゴールドコーストを中心にオースト
 ラリア全土の語学学校・TAFE・専門学校・大学の入学手続きを無料で行っています。
完全マンツーマン現地サポートだから安心です。
ゴールドコースト ワーキングホリデー 語学学校 ゴールドコースト ワーキングホリデー 語学学校 ゴールドコースト ワーキングホリデー 語学学校

 

ワーキングホリデー ゴールドコースト 語学学校
 
オーストラリア医療事情について ゴールドコースト医療

オーストラリアの医療は日本の医療と大きく異なります。
病院で診察を受ける方法や専門医のかかり方、薬に対しての考え方も違います。

オーストラリアの医療は、下記の5つの機関に分けられています。

 

 ■一般開業医(General Practitioner-GP)
 ■専門医 (Specialist)
 ■病院(Hospital)
 ■薬局 (Chemist)
 ■検査機関

 

<診察を受ける方法>   ゴールドコースト語学学校ワーキングホリデー        
一般開業医

まず、『一般開業医(General Practitioner-GP)』にかかります。GPは、内科・外科・眼科・皮膚科・産婦人科・小児科など、歯科を除くすべての分野の診察を行います。通常の診察は事前予約することをおすすめしますが、飛び込みでということになると、緊急でない限りは1時間以上待たされること珍しくありません。かかりつけのGP(ホームドクター)を見つけておくと良いでしょう。通常は、家や勤務先の近くで探すのですが、英語での診療となりますので、英語が不安という方は少し遠くても、日本人医師がいるGPにかかっている方が多いようです。ゴールドコーストに1名、ブリスベンに2名の日本人医師がいらっしゃいます。

薬が処方される場合は、処方箋をもらって薬局 (Chemist)へ行きます。そのとき、ジェネリック医薬品(後発医薬品)があると、薬局の人からジェネリック医薬品にするか聞かれます。※ジェネリック医薬品は、成分は同じですが価格は先発医薬品より値段が安く設定されています。

GPの他に、『日本語医療センター』が主な都市にあります。
日本人または日本語を話す医師や看護師、日本人通訳が常勤しています。こうした日本語医療センターはキャッシュレスサービスを行っており、海外旅行傷害保険に加入していれば、診察料・通訳料・薬代がすべて保険でカバーされるため、留学生やワーキングホリデーの方は日本語医療センターを利用しましょう。※保険の種類によってはカバーされないものもありますので、必ず保険内容をご確認ください。

 

メディカル
センター

血液検査やレントゲンが必要な場合、各専門機関に行かなければならないのですが、最近オーストラリアで増えてきているのが、『メディカルセンター』と呼ばれる医療施設です。メディカルセンターは、何人かの GPが集まって診察を行っている施設で、血液検査のほか、レントゲン撮影もメディカルセンターの中で受けられます。メディカルセンターはショッピングセンターの中など、利便性の高い場所にあることが多く、医師が交代で診察をしているので、診療時間が長く、週末や夜間も開いているのが特徴です。7DAYS営業のメディカルセンターも増えてきました。

 

専門医

風邪や軽いケガや病気などは、ほとんどGPの診療で済みますが、GPでは手におえないとされるケガや病気の場合は、『スペシャリスト』と呼ばれる専門医に診てもらうことになります。スペシャリストのところには、救急車で運ばれる以外は直接行くことはできず、必ずGPからの紹介状が必要になります。

スペシャリストは予約が取りにくく、運がよければすぐに診てもらうことができますが、3ヶ月待ちなんていうことも珍しくありません。

スペシャリストの診断結果や検査結果はGPに送られますので、患者はGPに結果を聞きに行きます。

 

病院

オーストラリアの病院(Hospital)は公立(Public)と私立(Private)に分かれています。入院や手術が必要なケースや緊急の場合に利用されます。日本で言う総合病院です。

大抵の病院には、24時間体制の救急病棟 (Casualty Department:カジュアリティ・デパートメント)と呼ばれる部署があり、緊急のときにはそこに行くことになります。

 

薬局

抗生物質、症炎剤などの薬はGPに処方箋を書いてもらい、『ケミスト(Chemist)』と呼ばれる薬局で購入します。鎮痛剤、解熱剤、下痢止め、風邪薬、咳止め、のど飴などの薬は処方箋なしで薬局に行って購入することができます。

薬の代金はメディケア(オーストラリア国民と永住者への保険)が適用されませんので実費です。同じ薬の処方箋でも、薬局によって薬の値段が違います。

※咳止めや解熱剤、鼻水やくしゃみを抑える薬、のど飴、軟膏などはスーパーマーケットでも売っています。

 

 通訳サービス
Translating and Interpreting Service (TIS)
年中無休、24時間対応の移民局通訳サービスです。この通訳は電話で通訳を行う、電話通訳サービスで、メディケア保持者には無料で利用する事ができます。

ゴールドコースト:131 450

ページのTOPへ
 
メール相談・費用見積り   無料学校お申込み

 

 
なぜ手配料無料なの?
OGCを使う8つのメリット
サポートについて
オプショナル料金表
語学留学 
ワーキングホリデー
ゴールドコースト語学学校
留学準備ガイド
ゴールドコーストについて
お役立ちサイトリンク
入学手続きの流れ
無料お見積もり
お問い合わせ
ご利用規約
お申し込み
OGCについて

記載内容は各校からの情報をもとに掲載しておりますが、情報内容に関して弊社では一切の責任を負うものではありません。内容や料金は予告なく変更される場合がありますので、お申し込みの前に弊社まで随時ご確認ください。

ゴールドコースト
オーストラリア
留学
語学学校
ワーキングホリデー
無料エージェント


 
| なぜ手配料無料なの?| OGCを使う8つのメリット | OGCのサポートについて | オプショナル料金表 | 語学留学 | ワーキングホリデー | ゴールドコースト語学学校リスト |
| 留
学準備ガイド |ゴールドコーストについて | お役立ちサイトリンク | 入学手続きの流れ |無料お見積もり | お問い合わせ | ご利用規約 | お申し込み | OGCについて |
| 留学前にこれ知っとこ!
| skypeカウンセリング | ワーホリサポート |
ゴールドコースト,オーストラリア,留学,ワーキングホリデー,語学学校,TAFE,専門学校,大学・大学院,永住権
オーストラリア留学・ワーキングホリデー・TAFE・専門学校・大学の入学手続き完全無料!!
Copyright (C) 2007 OGCオーストラリア留学サポートデスク All Rights Reserved.