ゴールドコーストのワーキングホリデー,語学学校なら無料エージェントのOGCオーストラリア留学サポートデスクにおまかせください。

ゴールドコースト語学学校ワーキングホリデー

オレンジ・ゴールドコースト ワーキングホリデー
 ゴールドコーストのワーキングホリデー,語学学校ならOGCオーストラリア留学サポートデスクへ。ゴールドコーストを中心にオースト
 ラリア全土の語学学校・TAFE・専門学校・大学の入学手続きを無料で行っています。
完全マンツーマン現地サポートだから安心です。
ゴールドコースト ワーキングホリデー 語学学校 ゴールドコースト ワーキングホリデー 語学学校 ゴールドコースト ワーキングホリデー 語学学校

 

ワーキングホリデー ゴールドコースト 語学学校
 
ゴールドコーストについて ゴールドコースト語学学校,ワーキングホリデー

ゴールドコーストは、クイーンズランド州東南部、州都ブリスベンの南70kmに位置するオーストラリア最大の観光保養地として世界的に有名です。

現在では人口48万人、さらに人口は増加傾向にあります。 ゴールドコーストといえばはずせないのが、42 kmに及ぶ素晴らしい砂浜が続く海岸。砂浜は踏みしめるとキュッと音がする「鳴き砂」です。ゴールドコーストの中心はサーファーズパラダイスで、お土産屋やレストラン、ブランド店も多く並び夜遅くまで賑っています。

 
ゴールドコーストには「ドリームワールド」「シーワールド」と「ムービーワールド」を
はじめとする3大テーマパーク、サーフィンやジェットスキー、スキューバーダイビング、パラセイリングなどのマリンスポーツもはずせません。また、ゴルフ、釣り、日帰りツアーなど多数のアクティビティーが訪れる人を飽きさせません。
   

■基本情報
言語 英語
通貨単位 AUD
時差 +1時間
電圧 240V
メール相談・費用見積り
無料学校お申込み
 
オーストラリアのこれが常識 ゴールドコースト語学学校,ワーキングホリデー
 
建物の階数の数え方が日本とは異なる   市内通話は時間無制限の“話し放題”
オーストラリアでは日本でいうビルの1階をグランド・フロア(G)と言い、2階はファースト・フロア(L1)とフロアの呼び方が1階ずつずれるので注意しましょう。
市内通話は基本的に1回あたり25セント(一般電話)、50セント(公衆電話)で時間無制限で話せます。
 
電圧やコンセントの形状が日本と違う   自動車は日本と同じ右ハンドル左側通行
オーストラリアの電圧は240V。コンセントの差し込みも日本と違ってO型三股なので、日本の電化製品を使用するときには変圧器やアダプターが必要になります。
交通ルールは日本とほとんど同じで、右ハンドル左側通行なので日本で運転の経験があれば比較的理解できます。ただし、日本にはないラウンド・アバウトというロータリーがあり、常に右側の車が優先になるので注意しましょう。
 
オーストラリアは禁煙社会   アルコール持込OKの「BYO」
レストランやカフェでは全面禁煙のオーストラリア。違反した場合は喫煙者とお店に罰金が科せられる。タバコの値段も日本の倍以上するので、この機会に「禁煙」に挑戦するのもいいかも。
レストランの入り口でよく見かける「BYO」サイン。これは酒類ライセンスがないので、アルコール(ビールやワインなど)を持ち込みしてくださいというBring Your Ownの意味です。
 
不親切なオーストラリアのバス   ガソリンスタンドはセルフサービス
バス停では手を上げてバスを止めましょう。また、バスの車内では次の停留所のアナウンスは流れませんので自分の降りるバス停の風景を覚えておきましょう。
バス停では手を上げてバスを止めます。また、バスの車内では放送が流れませんので気をつけましょう。
 
ショッピングデー   現金なくても買い物OK!!EFTPOS
オーストラリアは通常17時、18時になると閉店します。ただ、週に1度のレイト・ナイトというショッピングデーがあります。(ゴールドコーストは木曜日)この日は夜8時、9時頃までショッピングを楽しめます。ただし、メジャーなスーパーマーケット は平日21時まで開いています。
ほとんどのお店では、現金やクレジットカードがなくても、銀行のカードだけでデビットカードのように買い物ができます。買い物ができるだけでなく、現金を下ろすこともできます。(*スーパーや限られたお店のみ。)
 
GPはオールマイティー   救急車はタダじゃない!!
一般開業医(GP)は、風邪、軽い怪我、産婦人科系など全ての分野の診察を行ないます。専門医に見てもらいたいときはGPに紹介してもらうシステムです。
注意!!オーストラリアの救急車は有料です。走行距離によって課金されます。留学生保険や海外傷害保険などではカバーできますが、保険のない方は注意してください 。
 
紫外線は日本のなんと5〜7倍!!   GSTは日本の2倍
オーストラリアの紫外線は日本に比べて5〜7倍近く強く、紫外線にあたることで皮膚の中のメラニン色素が増えて、しみの原因になるので注意しましょう。日焼け止め、サングラスは必需品です。
GST(消費税)は日本の消費税の2倍の10%です。原則的に全ての物品・サービスに課税されています。
 
タクシーは手動式   日本人は若く見られがち
タクシーのドアは日本のように自動式ではありません。手動で開けててください。また、下車する時にもドアを閉めるのを忘れないでください。
若く見られがちな日本人はカジノや酒屋、パブ、ナイトクラブで ID の提示を求められることがしばしば。飲みに行くときは誕生日を証明できる身分証明書を忘れず持参しましょう。
 
ページのTOPへ
 
メール相談・費用見積り   無料学校お申込み
 
なぜ手配料無料なの?
OGCを使う8つのメリット
サポートについて
オプショナル料金表
語学留学 
ワーキングホリデー
ゴールドコースト語学学校
留学準備ガイド
ゴールドコーストについて
お役立ちサイトリンク
入学手続きの流れ
無料お見積もり
お問い合わせ
ご利用規約
お申し込み
OGCについて

記載内容は各校からの情報をもとに掲載しておりますが、情報内容に関して弊社では一切の責任を負うものではありません。内容や料金は予告なく変更される場合がありますので、お申し込みの前に弊社まで随時ご確認ください。

ゴールドコースト
オーストラリア
留学
語学学校
ワーキングホリデー
無料エージェント


 
| なぜ手配料無料なの?| OGCを使う8つのメリット | OGCのサポートについて | オプショナル料金表 | 語学留学 | ワーキングホリデー | ゴールドコースト語学学校リスト |
| 留
学準備ガイド |ゴールドコーストについて | お役立ちサイトリンク | 入学手続きの流れ |無料お見積もり | お問い合わせ | ご利用規約 | お申し込み | OGCについて |
| 留学前にこれ知っとこ!
| skypeカウンセリング | ワーホリサポート |
ゴールドコースト,オーストラリア,留学,ワーキングホリデー,語学学校,TAFE,専門学校,大学・大学院,永住権
オーストラリア留学・ワーキングホリデー・TAFE・専門学校・大学の入学手続き完全無料!!
Copyright (C) 2007 OGCオーストラリア留学サポートデスク All Rights Reserved.